【世界初オゾンで新型コロナウイルス不活化成功】

【世界初 オゾンにてCOVID-19を不活化】

令和2年5月14日 奈良県立医科大学、MBTコンソーシアムの共同研究チームはオゾンによる新型コロナウイルス活化を確認致しました。記事の内容は、オゾン濃度を1.0ppm~6.0ppmに制御し6ppmで55分曝露で1/1000~1/10000まで不活化1ppmで60分曝露で1/10~1/100 まで不活化とあります。この濃度のオゾンを発生させる場合は無人の環境が絶対条件になります。外出、終業後の除菌がメインになります。【奈良県立医科大学発表エビデンス資料】※エビデンス資料のプレス記事がご覧頂けます。

【オゾンの強い酸化力で脱臭も可能】

オゾンはタバコ臭、エアコンのカビ臭、香水のニオイも消しさります。新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、花粉にも除菌効果が実証されておりアレルギー体質の方が症状が出なくなった報告も多数上がっております。日常の除菌作業の補助としてもオゾン除菌は効果的です。このエビデンスの後にもオゾンを使用した不活化成功の結果が続々と発表されております。

関連記事

TOP