【OHラジカルとオゾンの関係】

【オゾンの除菌効果を増強させるOHラジカルとは】

オゾンガスのみよりも水と共存した状態の方が殺菌力が高くなります。オゾンは水が存在すると酸素原子が水と反応しヒドロキシラジカル(OH)を生成します。このラジカルは殺菌、浄化、脱臭等の酸化力がオゾンの1千倍(10の7乗)と言われており、新型コロナウイルス不活化に対しても大きな効果があると証明されております。

【OHラジカルは体に無害?】

OHラジカルはオゾン同様酸化力が非常に強い物質ですので、例えば大量に吸い込んだり、何らかの形で体内に大量に取り入れるともちろん害はあります。しかし普段皆様が使用されているアルコール消毒液、次亜塩素酸水も大量に吸い込んだり体内に取り込むなどすれば、たちまち体調不良を起こし最悪の場合は死に至るケースもあるはずです。濃度、曝露時間をしっかりとコントロールさえすれば高い除菌力と安全性を両立させることができる優れた物質と言えます。ちなみに当社取扱いの『剛腕アシスト』は光触媒系の酸化タングステンを含む溶液ですので、OHラジカルの生成を大いに助け、ウイルス等への反応スピードもあげる作用があり、お部屋のオゾン脱臭、除菌の威力を倍増させることができます。

関連記事

TOP